こだわりの湯文字(ゆもじ)

  1. ほーむ
  2. こだわりの湯文字(ゆもじ)

湯文字(ゆもじ)とは

洋服のガードルとパンティの機能をあわせ持ったもの、それが湯文字(ゆもじ)です。
湯文字は二幅の布を合わせて作られていることから、二布(ふたの)という名の下着でした。江戸時代の中期まで、男女とも素裸で入浴するということがなく、女性は二布をつけて入浴していました。この湯具が当時の女房言葉で「湯文字(ゆもじ)」という呼び名になったのです。
蹴出しよりも短く、膝よりも上ですから、裾さばきもよく、通気性がいいのも特長です。

KOSMOS屋の湯文字は他とどう違うの? KOSMOS屋の湯文字はすべて100%天然素材を使っております。 お肌に直接つけるのものなのでポリエステル等は使用しておらず、 安全で優しい天然素材にしています。

湯文字 つけ方 レッスン無料!!
つけかたがわからない方是非お問い合わせ下さい
所要時間30分
時間:11:00〜18:30(月〜金曜日 ※土日祝も承ります。ご相談下さい。)
場所:秋櫻舎
詳しくはこちら
お問い合わせは03-5350-4261か右上のお問い合わせフォームから

●体験談その1(ブログへ)

●体験談その2(ブログへ)


ご購入に関して
  • 【ご購入に関して】
  • 絹の湯文字
    \6,000(税別)
    力布はさらし
    その他は絹100%

    ご購入に関する問い合わせ 

    ※御注文に関しては
    別途送料・代引手数料(佐川急便)がかかります。

着用するといいこと

冷えから守る

湯文字は冷えを嫌う腰、腸、子宮、卵巣の保温もします。ビキニパンティ愛用者が冷えからくる婦人病にかかり、お医者さんから「もうおヘソまでかぶるパンティをはかなければいけません」と言われたという話をよく聞きます。
長年きものを着ている人には、このような病気の発生率が低いのも事実です。
なかでも冷え防止には、「紅花染め」の湯文字を試してみるとよいでしょう。「紅花」には血行をよくする働きがあります。湯文字は下半身にピッタリつけるので、いっそう効果が上がります。

骨盤を守る

お腹とお尻をきゅーっと引き締める
きものは思っている以上に後ろ姿が目立ちます。自分で見えないところなので、なおさら放ったらかしになりがちです。
湯文字でヒップを美しく整えることで全体的に一気に若返り、垢抜けます。
ガードルと違い、ゴムではないので締め付けやむくみがなく、トイレで苦労することもありません。
大変実用的な下着です。
湯文字は腰痛の救世主!
裾よけや湯文字、帯のようにお腹を広く巻くものは、人類が立って歩くため、ぶら下がってしまう内臓を支える役目もあります。太っている人などは、腹部の重みで腰が前に引っ張られ、骨盤が正常な位置から前に傾くので、腰痛を起こしやすくなります。
ここで湯文字の出番です!

湯文字を締めると…
恥骨をしめて、骨盤をゆるめる状態に→腸骨が自由になる→脊骨(背なか)が真っすぐに伸びるので血流がよくなる→腰痛がよくなる。

またお腹を持ち上げることによって、骨盤の負担を軽くするので、ここでも腰痛に効果があります。

着付けるコツ〜体型別
太り気味の人
さらしの力布の部分(両端についている台形型の布)でお尻を引っぱり上げるようにヒップアップさせる。
お腹が出ている人
力布をお腹に巻くときに、やはり下から持ち上げるように巻きつける。
痩せている人
下半身をコンパクトに詰めて固定するように引き上げる。

いずれも腰まわりがスッキリし、立ち姿が美しく見えるように着付けていけます。まず土台作りが大事です。

湯文字を正しく使い、土台を整えれば、美しいだけでなく健康的な着姿をキープできます。気もちいいのが一番です!

湯文字の着け方レッスン

解説をみてもやっぱり分からない!とか、実際に着けながら覚えたい・・・
というあなたに向けて湯文字の着け方レッスンを行っています。
お申込みは電話、FAX、メールにて。

1回30分 3,000円⇒無料キャンペーン中!!

曜日・時間は応相談。ご希望の日時をお知らせください。

TEl: 03-5350-4261 FAX: 03-5350-4636

お問い合わせ

紅花染め(綿)の効用と扱い方

紅花染は温かい下着です。

紅花の効用
毛細血管を刺激し、血行がよくなる。
体温が上がるので、内臓の働きが活発になる。
暖房設備などとは程遠く、現代とは比べ物にならないくらい寒かった時代に、古人が下着に紅花染をよく使っていたのは、この紅花の温熱効果のためだったのでしょう。昔の大和絵や浮世絵などをみていても、体に近くなるにつれて赤い衣類を着ているのが分かります。
紅花について
夏に鮮やかな黄色のアザミに似た花をつける植物。染料、漢方薬、食用油などの原料。日本での現在の産地は、山形県と秋田県。
紅花染下着(綿)の洗濯上の注意
洗う
紅花はお洗濯の際、若干の色落ちがあります。
何度も洗っていくうちに、色落ちしなくなっていきますが、なるべく単独で洗って下さい。40度以下のお湯で漬け置き洗いか、ネットに入れれば洗濯機で大丈夫です。
洗濯表示:中性洗剤(おしゃれ着洗い用洗剤)
洗剤は、適量よりも少なめの量で、なるべく短時間で洗ってください。長時間のつけ置きはご遠慮ください。
※3〜4回ほど洗った後は、他の洗濯物といっしょにして洗濯機で普通に洗っても、特に色落ちの問題はありません。ご参考までに。
乾かす
干すときは、直接日光に当てると、色があせることもありますので陰干しがおすすめです。
絹のここがスゴイ!
絹の効用
  • 絹の半衿、スカーフは肩こり、のどに効く。
  • 一番年齢が出る首もとの老化防止にも!
  • 白内障、目の疲れには絹のアイマスクを。
  • 喘息・気管支炎には胸に絹を。
  • 絹のセリシン効果により、美肌に。
  • 吸放湿性は綿の約1.5倍。夏はべたつかず、冬は繊維の隙間に熱をためるので温かい。
  • 冒険家が絹の下着を愛用するのは有名。植村直樹さんは南極冒険の際、下着、マフラー、手袋を絹ずくめにして寒さから身を守った。
  • 活性酸素の影響が最も現れるのは頭髪。真綿や絹の帽子をかぶると白髪、脱毛を防ぐ。
  • 頭痛が軽減。
  • 絹のシーツや絹のパジャマは床ズレを防ぐ。
睡眠と絹
ストレスによって生成された活性酸素は、眠っている間に理性を弱らせ、血液中に流れ込んで体の異変(病気)を引き起こします。
睡眠時間は夢をみたり、無意識が主導権を握ったりして、心と体を調整する大切な大切な時間です。ですから寝具全般を絹にすることは、美と健康への最高の近道であり、贈り物なのです。
紅絹(絹)の洗濯方法
洗う
洗濯機の場合はネットに入れて、あれば「手洗いモード」で洗ってください。洗剤はシルク対応洗剤かおしゃれ着洗い用洗剤で。
最初の3〜4回は多少色落ちがありますので単独で洗ってください。手洗いの場合は、必ず水で。
お湯を使うと、色が落ちますのでご注意ください。
乾かす
△陰干し→絹が硬くなる
◎乾燥機→ふわふわになる

意外かも知れませんが、乾燥機のほうが絹がふわふわになります。「絹だから」といってあまり神経質になる必要はありません。また、絹には自浄作用があるので頻繁に洗わなくても大丈夫。
ただし物理的な汚れ(飲食物をこぼした、口紅をこすった等)がついた場合は別。

着付けレッスン詳しくはこちら
お買い物はこちら KOSMOS屋

湯文字のつけ方

湯文字 つけ方 レッスン無料!!
詳しくはこちら
お問い合わせは03-5350-4261か右上のお問い合わせフォームから

  1. Step.1

    力布の両端をしっかりと持ち、お腹とヒップのお肉をグイッ、グイッと斜め上に持ち上げる。
    湯文字は必ず腰骨(一番張っている位置)の上にあてる。逆手にもつと、力が入りやすいです。

  2. Step.2

    まずは左手から。
    左手は力布をしっかりとつかんでいます。右側面からみると、お腹とヒップがぴっちり引き締まっています。

  3. Step.3

    左手を引き上げながら、右手でつかんでいる力布を背中へ。
    息を吸いながらやると、いっそう締まります。

  4. Step.4

    背中にまわした力布を、湯文字の中に入れ込みます。

  5. Step.5

    手で入れ込む。

  6. Step.6

    左手を離しても、湯文字はゆるみません。

  7. Step.7

    残りの力布を湯文字の中に入れ込んで・・・

  8. Step.8

    完成!お腹とヒップがすっきり!

このページの先頭へ


ホームページ作成の依頼は